しつこいお客さんなどについて

厄介なお客さんだと本番強要をしつこくしてくる人がいます。

「お金積むから…!」

と必死に懇願してくる様は哀れで滑稽でもあるのですが、その時の私は本気で困ってしまいどう切り抜けるか必死に考えています。
あまり下手に出ても聞かないと思うので、強めに言ってみたり、とりあえずフェラを勧めてみて一発抜かせて満足させる作戦に出たりします。

この仕事をしていると本当に世の中の男の人ってバカだなぁと幻滅してしまう時があります。
そうゆう時は家に帰って彼と過ごしたくなります。
亭主関白気取りの女のことを物か何かだと思っている人がたまにいて、デリヘル嬢なんか特に人と見ていないような態度で接してくる人がいます。
そんな人以下の女性に勃起して射精するなんて、お前こそ人以下なんじゃないのかと思うことがあります。

正直そうゆうタイプの男性は世の中の女性に見向きもされず、彼女なんて出来もしない人です。
他人の気持ちを考えられず高慢ちきな言葉を垂れ流し、人と仲良くなったり深い関係を作れずただただその高い自尊心を守るためだけの人です。
そうゆう人には今後正直私を指名してもらわなくていいので、少し冷たい対応をしてしまうことがあります。

私も人間なので限界があります…。


たまに連絡先を聞かれることもあります。
お店を通さず嬢に直接予定を聞いて予約することを「姫予約」というらしいのです。
連絡先を教えてしまうと必ずと言っていいほど予約以外のどうでもいい内容の連絡をしてくるとお店の女の子が言っていました。
仕事とプライベートは割り切りたいタイプの私にとってはとてもストレスに感じると思うので避けまくっています。

連絡先を知っていると予約が埋まらない時の営業ができるのでそれはメリットとしてあげられますが、それ以上のデメリットが大きすぎるので、教えていません。
しかも秋田という狭い地域の中でリスキーな気もします。
お客さんが女の子はこれで感じるだろうって思ってやっている行為と、実際に感じる行為はほとんどがかみ合っていないことが多いです。
しかしなぜだか確信を持って攻めてくるので、こっちはただただ感じているふりやイッてるふりをするしかありません。
このお客さんは今後私以外の嬢を呼んだとしても同じことをしていくのだろうと思うと、その嬢に悪いなぁと思いつつ、とりあえずバレないようにこの場をやり過ごすことに必死です。

演技に必死すぎて本当にイッてる時よりもオーバーリアクションかもしれません。
彼との行為の時は演技なんてすることなく自然とイクことができるのですがやっぱりそこは気持ちの問題なんだと思います。
クセのあるお客さんや嫌われてるお客さんはお店の女の子の間でもよく話題に上がり噂になっています。

ひどいことをしたり言ったりすると、店の他の嬢にもある前から嫌われることになるので気をつけたほうがいいです。

裏で客の悪口言ってるとかひどいと思う人がいるかもしれませんが、大概のサービス業は裏で絶対悪口言い合ってると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です